INNOCENT WALTZ

Mao Kokubu + Ayano Usamura

WALTZはIllustrator / Art Directorの兎村彩野が、
毎回ゲストクリエイターの方をお招きして開催する
二人展の個展シリーズです。

2017年5月31日− 6月5日
12:00 – 19:00
※最終日は16:00まで


OCO GALLERY

03-6804-8081

〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷1-8-2 タネル1F

千代田線代々木公園 徒歩1分
小田急線代々木八幡 徒歩3分

今回のINNOCENT WALTZは
国分さんの写真20点/兎村のイラスト20点
コラボ作品は新作10点の展示数を予定しております。
(コラボは兎村の絵に国分さんの写真が入ります)

すべて正方形です。

※点数は変更する場合がございます


ギャラリー内の作品はすべて撮影可能です。
SNSへ自由に投稿できます。
ハッシュタグは【 #ワルツ個展 】をご利用下さい。


作品はオンラインストアより予約購入が可能です。
出力作品なので会場で展示したパネルと同じ仕様です。
詳しくはECサイトをご利用下さい。

※作品は5/30頃UPします

https://usamura.theshop.jp


 

PROFILE

二人展のふたりのご紹介。
日常や作品はSNSにUPされています。
気に入ったら気軽にフォローしてください。

国分 真央
Photographer

東京都出身のフォトグラファー。Instagramのフォロワーは7万人を越える。人物と自然が色彩に溶け込む美しい写真が特徴的とされ世界的にも評価が高い。2015年にはgettyimages主催のフォトコンテストで最優秀賞を受賞。CAMERA magazineや写ガールなどカメラ専門誌でも紹介される。CDジャケットやブランドの撮影写真など近年は活躍の場を広げている。

https://www.instagram.com/mao_kokubu/
https://mobile.twitter.com/eau849
https://www.facebook.com/mao.kokubu

兎村彩野
Illustrator / Art Director

東京生まれ、北海道育ち。高校在学中の17歳でフリーランスのイラストレーターとなる。2014年よりドイツの万年質LAMY1本で描く線画「LAMY Sketch」が人気。伊勢丹新宿店のイベントキービジュアル、NHKおかあさんといっしょのアニメ原画(ながぐっちゃん・黒ネコダンスなど)、NHK WORLDで世界配信中の全英語アニメ、書籍や雑誌の挿絵、WEB広告と幅広く活躍。

https://www.instagram.com/ayanousamura/
https://twitter.com/to2kaku
https://www.facebook.com/usamura


 

GREETING

 

今回のゲストは友人でありフォトグラファーの国分真央さん。いつもマオちゃんと呼んでいる、妹のような存在です。

仕事先でマオちゃんと出会ったとき、彼女の写真を見て衝撃を受けました。なんと透明で濁りのない色なのだろうと。彼女の真摯で真っ直ぐなその眼差しはそのままファインダーをも突き抜けて私のココロまで見透かされているかのようでした。強烈な光への反応とは裏原に彼女自身は天使のようにふわっとした女性です。そのギャップがたまらなくチャーミングな個性なのだと感じます。

マオちゃんから写真の相談を受けたときに、マオちゃんの写真から私は音楽が聞こえてきたので「写真をレコードやCDのジャケットだと思って正方形にトリミングしてInstagramしてみるのはどうかな?」とオススメしたらさっそくアカウントを作って始めてくれて、気付けば7万人を越えるフォロワーを持つフォトグラファーになっていました。今日もフォロワーは増え続けています。

彼女の写真が言葉を越えて、世界中から愛され広がっていくことはとても素晴らしい事だなと思っています。彼女の写真や繊細でありつつ、実は力強いメッセージに多くの人が心動かされていくこの世界に、私は希望を感じます。

 

商業寄りの仕事柄、誰かの「困った」を解決するのが私の仕事なのですが、マオちゃんの写真を見たとき「あぁ。私もちょっと図々しく自分勝手に絵でも描いてしまおう!」と勇気をもらいました。仕事ではなく、一個人兎村彩野として、もはやこの際、名前すら記号でいいと思うほど、自由にのびのび好きにこの世界を感じて切り取って、色を付けて遊びたい。そんな当たり前の感覚を思い出させてくれました。

人のために描くという日々の忙しさに、自分の為に描くことの楽しさをどこか忘れていたような気がします。3歳のワタシも、10歳のワタシも、16歳のワタシも、たしか。自分の為に描いていた。そんな記憶が一瞬でフラッシュバックしました。

 

そんなこんなで、たまに好きな友人のクリエイターさんと刺激しあいながら、ふらっと個展をしてみようと決めました。個展嫌いで有名な(笑)私ですが、2017年はイラストレーターになって20周年という節目でもあり、そろそろ自分の選んだ人生を自分自身でねぎらってあげてもいいのかもと思えました。

良い感じにおばさんになってきたので、良い感じに図々しくなって、良い感じに自意識の下着を1枚だけ脱いでみようかなと思っています。それが個展というカタチでした。

 

WALTZという名前は音楽で言う三角のリズムです。タン・タン・タン!な感じです。ゲストの方と兎村とその作品を見に来て下さる貴方と。タン・タン・タン!な感じで素敵な三角になれたらいいなと。この世界の片隅でちいさな三角をぜひお楽しみ下さい。

 


 

SHOPPING

 

今回の個展は、全ての作品がパネル出力を利用しています。個展会場で気に入った作品が見つかった場合、オンラインストアから注文できます。価格は一律5,000円(税別)です。この価格には国内への送料を含みます。(海外へ発送ご希望の場合は別途ご相談させて下さい)

期間限定の受注生産ですので個展会場で実物を確認した後、作品を楽しんでからゆっくり家で検討が出来ます。飾りたい家の壁を計ったりしながら楽しんで作品を選んでいただけたら嬉しいです。作品を暮らしに飾るって素敵ですよね。また、個展になかなか来れない地域の方や都合がつかない方でも、作品の購入は可能なので「欲しかった!」という方の声にもお応えしたく、今回はオンラインストアを利用することにしました。個展会場でお金のやりとりをするのもなんだか慌ただしいので、ちょっと変わったオーダーの仕方ですが、みなさまと過ごす時間を大事にしたいなと思ってこのような方法をとらせていただきます。

 

作品のサイズは152mmの正方形で、厚みが21mmになります。裏面には壁にかけるための達磨穴があいており、画鋲などで簡単に好きな場所に飾ることが出来ます。また全ての作品にはスタンディング用の棒パーツがつきます。壁に穴が空けられない家やチェストなどに置いて飾りたい方は立てて飾ることも可能です。

専用のダンボールで出来た箱に、緩衝材に包んで梱包しお届けします。ラッピングをすれば贈り物にもなります。新築祝いや引越祝い、なんでもない日のサプライズに最適です。

出力作品になるので完全オリジナルとはいきませんが、国分さんの作品には国分さんのサインとシークレットの作品のタイトルが直筆で入ります。兎村作品も同じく直筆サインが入ります。ロット番号が入るタイプもありますが、ロット番号は選べません。サインの入れ方のリクエストなどはお受けすることができません。ご了承願います。

配送ですが1点の方はレターパックを検討しています。複数点購入の場合はヤマトの宅急便になります。レターパックでも宅急便でも、料金に送料を含みますので追加送料は発生しません。ざくっと簡単にいうと送料は無料です。

今回の予約は6月12日まで受付します。作品の発送は6月末から7月上旬を予定しております。発送日が確定しましたら購入者のみなさまに随時お知らせしていきます。

https://usamura.theshop.jp